戸澤の週報

2007年05月14日

07-05-14

新緑深き季節となりました。すっかり枯れてしまったと思って外に置いておいた観葉樹の先から、緑の芽が出てきました。なんかうれしくなってしまいます。何箇所も何箇所も芽が出てきています。枝の途中から芽が力強く出ているのを見ると、生命の力強さに驚かざるを得ません。全く人間も見習わなければいけませんね。

現在、建築中の長野物流センターもかなり完成に近づいて来ています。6月末には完成予定で、3階建ての建物も大体出来上がり、内装の段階まできています。完成後は、この巨大な収納力と既に確立された弊社の管理能力を活用して、物流センターを自前で保有されていないお客様向けに物流業務のご提案をさせて頂ければと考えております。電子部品の物流は他の業種に比べて、品種が多く、尚且つ静電気等の条件で非常に扱いが困難なため、値段が非常に高止まりしております。それもそのはずで、今回弊社でも建物を建てて思いましたが、電子部品の保管のためには、静電対策のほかに、温度、湿度の対策が必要になります。温度はエアコンで事が足りますが、冬場の湿度対策には加湿の観点を考慮しなければいけません。この部分が一般的でないため、コストがかかります。イニシャルだけではなく、ランニングコストもメンテナンスを含めて、馬鹿にならない金額がかかります。この部分で、多くの方は自前の倉庫を諦めてしまうのだと思います。物流部門の委託を少しでもお考えのお客様は是非お問い合わせをください。本ページには記載できないより多くのメリットを持ってご説明させて頂きたく考えております。

ページの先頭へ