戸澤の週報

2009年02月01日

09-02-01

インターネプコンが終了しました。
今回も多くの方にご来場頂く事ができました。
本当にありがとうございました。
不景気にも関らず昨年と同様多くの方が、テーマを持ち真剣に各ブースを回っているようでした。
その中でも当社がお役に立てると感じたことは、長野物流センターを活用した在庫削減のご提案です。
このご時勢ですので、多くの企業は在庫の削減を大きなテーマとして捉えて活動していますが、なかなか特効薬が無いのが現状です。
様々な事情で在庫を削減できない障壁があり、諦めてしまっている会社様も多く見受けられました。
無理だなとお考えな事でも一度ご相談ください。
多くの会社様で、その会社様に合わせた「在庫削減プログラム」を提案させて頂き、既に運用しております。
会社様によっては、年間4000万円を越すコスト削減に繋がったとお褒めのお言葉を頂戴するに至っております。
この場では詳しくご報告できないのが残念ですが、在庫を削減する方法は必ずあります。
ポイントは、部品の購入に潜んでいる無駄をあぶり出し、それらに対して有効な手を打っていけば良い訳です。
今こそ、その会社様に合わせた「在庫削減プログラム」導入の時期だと思います。
年度末も近づいています。一日も早くご相談ください。

ページの先頭へ