戸澤の週報

2009年03月01日

09-03-01

3月となりました。
東京は先週、積もるほどではありませんでしたが、この冬初めてある程度まとまった雪が降りました。
3月を目の前にして初めて降るとはビックリしました。
そういえばかなり前になりますが、4月に大雪が降った事がありましたね。
今年はどうでしょうか?

皆さんは新聞は何を読んでいますか?
私は日経を取っていますが、読売も結構好きです。
経済面では日経が充実していますが、読売は結構人情系ですよね。
投書のコーナーが1ページ取ってあり、様々なテーマで各年代の人からの意見を聞くことができます。
そのページの左には人生相談コーナーが昔からあります。
実家ではずっと読売だったため、それらのコーナーを何を考えるでは無しにたまに見ていました。
1つの事象を他の人がどのように考えるかと言うことを勉強したような気がします。
年上の多くの人の話の中に、戦争時代の事があります。
東京に住んでいた人が戦争を境に別の場所へ住むことになった。
昔の住んでいた場所の近くにある橋を見ると涙が止まらなかったそうです。
住む場所も決められなかった時代が確かにあったのですね。
そのように考えると、不況などと騒がれていますが、全力でその問題に取り組める環境があるだけで幸せな事だと考えなければいけません。
人は少しでも幸せな環境があると、すぐになれてしまい、その事はもう幸せな事と考える事が難しくなります。
自分に無いものを嘆くのではなく、既にあるものを幸せに感じることこそが重要な事とあらためて思います。
そして、不況下でも強みを発揮していくには、この考え方が絶対に必要ではないかと思いました。
どんな人でも、どんな会社でも強みはあるはずです。
その強みを全力で取り組んで最大化することが必要です。
当社も現在この問題に全力で取り組んでいます。

ページの先頭へ