戸澤の週報

2010年04月25日

10-04-25

4月も残すところ1週間となり、ようやく暖かい日が続くようになりました。
まだまだ雨も多く、この1~2週間で風邪を引いた方も多くいるようです。
人間の体は強いのか弱いのかよくわかりませんね。
気を少しでも抜いていると風邪にすぐにかかります。
逆にしっかりと気を引き締めているときには、めったなことでは風邪をはじめとする病気にかかることはありません。
「病気は気から」と昔から言いますが、これは本当なんだと思います。

先週池袋東口を散策してきました。
大学が池袋にありましたので、愛着があります。
学校に通っていたころから15年もたっていることに気が付き愕然としました。
時間がたつのはあまりに速すぎます。
池袋に限らないのですが、街の様子の移り変わりの激しさには驚きます。
学生当時ビックリするほどのラーメン行列店だった「光麺」は支店が増えたせいか、ガラすきでした。
その分、その先の「無敵屋」が長い行列を作っています。
池袋東口では、この「無敵屋」と「屯ちん」が相変わらず人気があるようです。
そして、西武デパートから300メートルくらいのところに結構大きめの公園「南池袋公園」があります。
ここはまあまあ広いため、多くの人が使っていたのですが、発電設備を作るとかで4年間くらい閉鎖となっていました。
さくらやも閉鎖となるようで、様子が変わってきています。
昔あった個人経営の居酒屋はほとんど経営を維持できなく、チェーン店に取って代わっています。
知っている店が無くなるのはさみしいものですが、それだけ10年一つの店を維持することは大変だということです。
これは会社も全く同じことが言えると思います。
時代に合わせて、顧客のニーズをしっかりと取り入れて対応していかなければ、気がついたら取り残されるでしょう。
本日のテレビで、ハンバーガー3大チェーン店「マクドナルド」「モスバーガー」「ロッテリア」の話がやっていました。
究極の価格競争の消耗戦の結果「マクドナルド」が勝ちました。
ただ、価格競争だけでは消耗するだけです。
最近ではちょっと贅沢なプレミアムが登場し始めています。
最大のデフレメーカーが、プレミアムに方向修正したことの意味は大きいと思います。
最近の様子を見ていると、政局からよりか民間の会社の動きからの方が経済の動きが分かるようです。

ページの先頭へ