戸澤の週報

2010年05月30日

10-05-30

5月も残すところあと1日となりました。
1年で一番気候のよい5月はやはり良いものです。
できることならあと1回5月が来てほしいです。
かなわないことは分かっています。また1年間サヨナラですね。

日曜日の19時より日テレでやっている、「ザ!鉄腕!DASH!!」をご存知ですか?
TOKIOのメンバーが出演しています。
この番組が日曜の夜の入り口に感じています。
サザエさんやちびまる子などをみると月曜日からの会社の事を考えて憂鬱になる。
という話を聞きますね。
私の場合はこの鉄腕ダッシュが週末の終わりを告げる鐘の役割です。
月曜の事を考えて憂鬱になることはありませんが、心と頭の切り替えは必要ですよね。
このスピードを求められる社会の中で、のんびりその場に変化せずに立ち止まっていることはできません。
走り続けることを求められているのであれば、週末くらいは自分のために少し時間を使うべきかもしれません。
話を戻しますと、鉄腕DASHがスタートしてのは1995年です。
今年でもう15年になります。
この番組は良いところは、私たちが忘れてしまっている様々なことを教えてくれることです。
福島県のとある所に「DASH村」を作って、自給自足の生活の原点を教えてくれます。
我々が普段何気なく口にしている食材を、一から作るための方法を経験豊かな人生の先輩が製法を教えてくれます。
昔ながらの製法には先人たちのノウハウの塊が詰まっているとつくづく思います。
出来上がったものをただ食べることは簡単です。
そこまでに至るまでの過程を知り、できたら自分でも作ってみて、それで初めて物の価値が分かるのだと思います。
醤油にしても、はちみつにしても売っている製品では絶対にわからないノウハウがそこにはあります。
我々が学ばなければいけないことが、そこには多くあるような気がするのです。
そして、この番組が15年続いていることも同じことを意味しているはずなのです。
存在している意味がそこにあり、そしてその意味が意義深いものであったときにだけ、存在することが許されます。
こればTV番組であり、世の会社でもあります。
昔はこの会社良かったけど、今はこの会社から買わなくても良いよね。と思われたら終わりです。
変化のスピードが早いと言いますが、これは世の中の人の物事に対する価値観がすぐに変わってしまうということです。
このスピードの先に回らなければいけません。

ページの先頭へ