戸澤の週報

2010年07月11日

10-07-11

今年もゲリラ豪雨の時期となりました。
今回は石神井川が氾濫しました。
自宅と会社のすぐそばには神田川が流れています。
神田川も過去には何度となく氾濫を起こしているようですが、その後の治水工事で最近は無いようです。
最近無いからと言って安心できないのはここ最近の特徴です。
1時間に50ミリがほとんどの地方自治体が想定している集中豪雨の値です。
ここ最近のゲリラと呼ばれるものは100ミリを超えるということです。
倍以上ではどうしようもないのが現状ですね。
家探しの条件で、氾濫が起こらない高台などという条件が付く日も近いのかもしれません。

この週末に参院選がありました。
今回もしっかりと投票には行きました。
しかしながら、今回の選挙は争点が見えづらく今までの民主党の評価の選挙と言ったところでしょうか?
短い期間で総裁が途中で変わってしまっています。
菅さんになってからの時間が短すぎるため良く分からないのがほとんどの人の感想ではないでしょうか?
結果は民主党にとって非常に厳しい状況となりました。
素人目から見ても、今後の参議院での難しい国会運営が予想されます。
衆参でねじれてしまうと、法案に関する流れが停滞しますので何も良いことが無いように感じます。
参議院の存在に関しての意義を問われて久しくなりました。
絶対の答えはないのかもしれません。
ただ、今こそスピードを求められている時代は無いのではないでしょうか?
今まであったものをただそのまま受け入れるのではなく、疑いの目を持ってみることも重要ではないかと思います。
政治の世界はまだまだ混沌とする時期となりそうです。
企業は自分たちの足でしっかりと立たなければいけません。

ページの先頭へ