戸澤の週報

2010年12月05日

10-12-05

街には少しずつクリスマスの気配が広がってきています。
日本とクリスマスとは本来あまり強い関係がありません。
しかし、物事の良い面を取り入れる日本の良さが出ているので個人的には結構好きです。
これからは年末商戦に向かって本番がスタートですね。
国内外の消費の動向が非常に気になるところです。

最近取引先の方からある良い話を聞きました。
休肝日と言う言葉がありますが、折角休肝日を設けるのであれば2日が良いというのです。
週に何回か1日の休肝日を作るより、2日まとめて一回の方が非常に効果的だと言うことです。
アルコールが完全に抜けるには2日が好ましいということと、肝臓を休めることが可能だと言うことだと思います。
その話が妙に気になって、何回か試してみました。
特に、平日に飲み会が多いためその日に合わせて何度かやってみた結果、非常に良好でした。
その日も結構調子に乗ってしまい、色々な種類の酒をチャンポンしましたが、次の日は快調なのです。
頭も痛くなく、胃腸もきわめて快適。
そこで気が付きました。これが本来の肝臓の力なのだと思いました。
だらだらと使い続けるといざという時の力が発揮できないです。
なんか仕事も同じだなと思いました。
あまり、だらだらとやっているより集中して取り組んだ方が効果が大きいことは良くあります。
肝臓さんに教えてもらった気がしました。
この教訓は今後ぜひ生かしていきたいと思います。

2010年も残りがあとわずかとなってきました。
今年のやり残しがないように、全力で対応したいと思います。

ページの先頭へ