戸澤の週報

2011年06月05日

11-06-05

ここしばらくは涼しい日が続いていましたが、週末は良く晴れた気持ちが良い日でした。
晴れた日はどうしても気持ちが上向いて、なんだか良い事が起こりそうな予感がします。
そう思って過ごしていると、なんかとても小さな良い事にも気が付くことになり得をします。
雨の日だって、こんな雨の日にすごいなと思えば何だって前向きに捉えられます。
要するに晴れてようが雪が降ろうが、大切なのは天気ではなくて自分の気持ちなのだと思います。
雨の日だからダメだと理由を付けてうまくいかない言い訳をしているのは自分自身なのですね。
この週報も同じです。
毎週書いているので、一週間の生活の中にどのような感動があるかと
感受性高くならざるを得なくなります。
物事をどのような気持ちで見つめるかによって、同じ事が全く違って見える事があります。
この頃この事が良く分かるようになりました。

先月屋久島に行って以来すっかりと山歩きに目覚めてしまいました。
東京の青梅にある高水山(たかみずさん)、岩茸石山(標高793m)、惣岳山(標高756m)と
共に高水三山と呼ばれるスポットに行ってきました。
屋久島の10時間コースと違い、今回は4時間くらいでしたが十分なコースでした。
緑深き自然の中を歩いていると本当に気持ちが良くなります。
山に行くという気持ちではなく、自然に帰ると言う方が正しいかもしれません。
とにかく自然からしかもらえない力があるのです。
日曜日にジムに行ったところ、20年以上ぶりに走行距離の記録を更新しました。
(今までは3キロだったところが4キロになりました)
しばらくは山めぐりが続きそうです。
皆様初心者で良いところがありましたら是非教えてください。

ページの先頭へ