戸澤の週報

2011年10月16日

11-10-16

10月も半分が過ぎましたが、比較的暖かい日が照っていて気持ち良い日曜日となりました。
恐らく観光地は紅葉の真っ最中で、東北道を始めとする高速道路は込んでいたでしょう。
渋滞に巻き込まれた方は大変お疲れ様でした。

最近つくづく感じる事があります。
色々なことに興味が湧き、挑戦したいと思う事が非常に増えています。
読書を進めていけばいくほど学ぶことが多く見えてきます。
仕事の幅を広げていくほど、必要になる知識、技能が増えてきます。
趣味に打ち込んでいくほど、次のレベルに挑戦したくなります。
その為に必要な知識や技能が増えてきます。(こちらは出費もありますが...)
今まで色々な理由を付けて、無為に過ごしてきた時間が惜しく思います。
もっと早くにスタートを切っていたらと思う事が非常に多いのです。
最近、森信三さんの「修身教授録」を読んでいます。
致知出版から出版されている人間学の教科書のような本です。
森信三さんが戦前に師範学校で教えてた修身の2年間の授業をまとめた本です。
現在で言う小学校の先生を養成するための学校ですが、教えている内容は先生以外にも広く通じる素晴らしい内容です。
現代の日本からすっかり落ちてしまった「修身」と言う科目を取り上げています。
現在の「道徳」に近いと言えなくもありません。
ただ、もっと人として意義深い人生を送るための基礎となる考え方と言えると思います。
40歳をひとつの人生の頂上に例えているのも読むと、まだまだ未熟な部分が多すぎて焦ってしまいますね。
読書も取り上げていますが、多くの推薦書を眺めるにあたり、まだまだ取り組むべき分野の多さ(広さ)に圧倒されます。
全ての事は完全にはできないかもしれません。
しかしながら、ひとつでも多くの事にトライして自分の物にしていくことは続けていきたいと思います。

ページの先頭へ