戸澤の週報

2012年01月15日

12-01-15

相変わらずの冬本番です。
少し暖かいとも言われていますが、私には十分寒く感じます。
その代り、今が旬の食材が多く本当に楽しくなります。
スーパーに行くと鮮魚コーナーからしばらく離れることができません。
1回でそんなに食べれるわけはないのですが、どれもほしくなってしまうのです。

秋を超えたころからビールが寒く感じたため、しばらくの間日本酒を買って飲んでいました。
昔から日本酒は好きなため今さらなのですが、今回はただ飲むだけでは満足できなくなってきました。
ちゃんと日本酒を知り、その上で味わいたくなってきました。
早速、本屋へ走り日本酒の本を2冊ほど購入しました。
高田馬場には日本酒がちゃんと飲める店は2軒あります。
駅から2分といったところにある「酒洛:しゃら」。
http://r.gnavi.co.jp/g427400/
もう一軒が駅から10分は歩く隠れた名店「真菜板:まないた」。
http://ameblo.jp/manaita333
酒洛は「しゅらく」ではなく「しゃら」です。
とにかく日本酒は種類が豊富でメニューを見ているだけで楽しくなります。
駅近、広い店内のため非常に行きやすいです。
東海道五十三次のスタンプラリーをやっていて、クリアするとお好きな1升瓶がもらえます。
真菜板はカウンター10席の日本酒通の方にもってこいの店です。
日本酒が好きな方は一度は訪れてみてください。
日本酒が良くわからなくても大丈夫です。
マスターに全てお任せして出してもらえばよいのです。
日本酒もワインと同じく食事との相性が非常に関係します。
日本食に良く合います。(当たり前か)
ただし、どの酒がどの料理に合うかはちょっと分かりづらいです。
お任せして勉強してしまいましょう。
おいしい日本酒はおいしいつまみを欲しくなります。
家で飲んでいる時には酒に合わせてすぐに作れるものを作ってみたくなりました。
ちょっと長くなってしまいましたので、この話はまた今度にします。

今週水曜日からはインターネプコンが始まります。
会場でお会いできることを楽しみにしております。

ページの先頭へ