戸澤の週報

2012年08月19日

12-08-19

お盆も終わりを迎え、夏も終盤となりました。
あれだけ暑がっていたのに、残りわずかだと思うとなんだかさみしく感じるからおかしいものです。
来週も暑いようですが、出来るだけ大切に過ごすようにしたいと思います。

この休みに自分の実家に行ってきました。
西武池袋線のひばりが丘が最寄駅となります。
今ではすっかり改装されておしゃれな感じとなっています。
こんな今風になるはるか以前、私がまだ実家から通っていた頃に経験した、ある事件を思い出しました。
社会人になりたての私は、毎日時間に余裕など持つことなく、いつも駅に駆け込んでいました。
その日も同じように駅の階段を駆け足で上がり、定期を出そうとしましたが見当たりません。
定期を忘れるのは良くある失敗でしたが、この日は財布まで忘れていたのです。
先述の通り、1回家まで戻る時間の余裕などありません。
さすがにこの時は焦りました。今までの人生の中でもかなり高い順位の焦り方です。
その時、当時の私が取った行動は、近くにいた方にお金を貸してほしいとお願いしたのです。
「財布と定期を忘れてしまったので、電車賃を貸してください。」
「寸借詐欺」ということを連想させるこのシチュエーションです。
しかし、声をかけた女性の方は優しく1000円札を貸してくれました。
お名前も連絡先も聞けなかったため、頂いたと言って間違いありません。
おかげさまで無事会社に間に合うことができました。
この経験は私の中で強い印象を残しました。
人が本当に困っている時、本当に手を差し伸べてほしい時があること。
そして、その時に助けてもらうことは本当にありがたいこと。
その方にはその後駅でお会いすることもなく、とうとうお金をお返しすることはできませんでした。
そのご恩は、別の形で社会に返すことで、ご恩返しにしたいと思います。

いよいよ大人の夏休みも終了です。
エンジン全開で秋に向かって駆け抜けていきましょう。

ページの先頭へ