戸澤の週報

2005年07月23日

05-07-23

関東地方に大きな地震がやってきました。震度5強ということですが、実際に感じた感想はいつもと違いかなり大きな地震が来たなということです。最初にドンという縦型の揺れがきて、その後に続いて横揺れがかなり長く続いていました。地震発生時、私はたまたま会社にいたのですが、大きな揺れが来たとき思わず在庫の棚の方に駆け寄ろうとしましたが、一緒にいた方にたしなめられてしまいました。それほど大きな地震でした。地震発生後しばらくして事務所内をパトロールしましたが、幸いなことに全く被害がなくすみました。おあらかじめ在庫棚にアンカーを打っておいたのは大いに正解でした。実際に地震のときに見た棚の揺れ方は尋常ではありませんでした。震度5までは問題ないことが今回証明されましたが、6以上は全く分かりません。少なくても7が来た時はかなり被害がでることを想定しないといけないかもしれません。ここまで、つらつらと弊社内の全くを持って狭い話をしてしまい、申し訳ございません。地震発生後NHKにチャンネルを合わせて確認をすると思いの他、いろいろな方面に影響が出ているのが分かりました。きっと色々な方が、色々なシーンで苦労されたかと思います。普段ないことだけに、あなどりがちですが、大地震が起きたことを想定して様々な普段の備えが重要になるかと思います。これは会社も家庭でも全く同じことが言えそうです。地震後、しばらくは携帯電話が繋がらなかったそうです。普段の文明の利器もいざという時には頼りないものですね。平時によくよく家族でいざという時のことを話し合っておく必要がありそうです。今回の地震は何かそのような示唆をしているような気がしたのは私だけでしょうか?

ページの先頭へ