戸澤の週報

2020年04月07日

(号外) 緊急事態宣言を受けての当社の対応

本日4月7日に政府より緊急事態宣言が発令され、明日4月8日より発効となる見込みとなっております。

本宣言を受けて、当社としての対応と考え方をご連絡させて頂きたいと思います。

 

まず基本的な体制としては、どうしても出社が必要なケースを除き、基本は在宅で従来通りの担当者がお客様をサポートさせて頂きます。                        在宅ではあるが故に、直接の電話での会話ができなかったり、FAXでの対応が困難になるのが心苦しいところです。

それでも、しばらく前より全営業社員が在宅勤務になることを前提にシミュレーションしておりました。

その為ある程度のサポート品質は確保できているかと思いますが、問題がありましたら担当者に相談して頂ければと思います。

在宅による問題点やご要望に関しては、全社で情報を集めて、出来る限りで対応を行っていきたいと考えております。

 

恐らく明日から、多くの日本人が経験したことのない状況に突入していくことになるかと思います。

既に多くの製品のサプライチェーンに問題が起こり、入手が困難になっている製品があります。

同時に、コロナが原因で経済自体に大きな影響が出ており、お客様の生産需要の減退も感じています。

当社を始めとして多くの会社が、出社をせずに在宅での勤務となっており、働き方が大きく変わっています。

多くの皆様が感染に不安を持ち、生活に不安を抱えて、それでも前へ進むしかない状況かと思います。

こんな状況の中で当社が何をできるか考えてみます。

大量のマスクを寄付できるわけでもなく、自社のホテルを提供することも当然できず、当社ができることは残念ながら限られています。

このような厳しい状況の中でも、社会のインフラを支えているお客様や、生活に必要な製品を作っているお客様を調達・製造の面で支えることだけです。

 

WEBの強みは、どんな状況下でもお客様に正しい情報を届け、購入するプロセスを提供できることだと思います。

こういった状況になってみて、初めて当社の「CoreStaff ONLINE」の強みを改めて認識致しました。

当社の物流センターは長野県の佐久市にあり、本日も自社のスタッフおよそ40人体制でお客様のご注文の出荷に当たっております。

これからも全社員が感染に関する最大限の注意を払い、顧客サポート体制を維持・改善させていく所存でございます。

日々発生する対応すべき点に対して、「素直な心」で取り組みます。

これでもかと言う変化に対しても柔軟に対応したいと考えています。

これらの苦難を乗り越えたその先には、今までと全く違った世界が見えている気がしてなりません。

これからも皆様と一緒に協力し合いながら、前に進んでいきたいと思います。


ページの先頭へ